銀座 マッサージTotal Body Care 銀座整体院(中央区)|O脚X脚を改善して理想のスタイルを!【内股O脚解説編】銀座整体院

MENU
24時間WEB予約 LINE

※商品・サービス等の営業の電話はご遠慮ください。

銀座 マッサージTotal Body Care 銀座整体院(中央区)|O脚X脚を改善して理想のスタイルを!【内股O脚解説編】銀座整体院

24時間WEB予約 tel:0120-098-554 LINE

English

※商品・サービス等の営業の電話はご遠慮ください。

O脚X脚を改善して理想のスタイルを!【内股O脚解説編】

2021.11.18O脚・X脚

前回は、O脚X脚の様々なパターンを紹介しました。

今回からは、そのひとつひとつについて詳しく解説していきます。

第1弾は、内股O脚について解説します。

【原因】

このタイプは、特に女性に多いとされている形のO脚です。

前回のパターン紹介でも触れましたが、O脚女性の85%を占めると言われている非常に多くの女性を悩ませるタイプでもあります。

なぜ女性に多いのか?と不思議に感じますが、これは日常生活での姿勢に大きな原因があると言われています。 

正座した状態から両足を左右に開いて座るぺたんこ座り、つま先をハの字にして歩く内股歩き、足をクロスして立ったり、膝を反って立つ立ち方、腰が反ってしまう反り腰などなど・・・

これらは全て内股O脚の原因の一つとなっているのです。   

   

【特徴】

ではなぜそうすることが原因となるのか?

それを紐解くために、内股O脚になっている体の特徴を挙げていきましょう。

まずは太ももの骨(大腿骨)が、内側に回転(内旋)している状態です。

これは先ほど挙げた原因からくるものですが、股関節が内側を向いてしまう癖がついてしまうのですね。

そして、膝~膝下も大腿骨に引っ張られるように内側へ向きます。

膝下は、脛骨・腓骨と2本の骨から構成されています。膝下全体が内側へ向くことによって、外側にある腓骨が張り出して来るので、膝下がバナナのようにカーブした形に見えてくるのです。

下半身全体が内側へ巻いているため、つま先は内側を向く傾向にあります。 

【トレーニング】

上記のように、内股O脚の場合は股関節から全体が内側へ向いてしまっているため、股関節を外側へ向けるための筋肉を鍛える必要があります。

代表的なものとして、

 ・大殿筋

 ・中殿筋後方繊維

 ・深層外旋六筋群(大腿骨を外向きに回旋させる働き)

が挙げられます。

これらを一番効率よく鍛えられる種目が「ヒップリフト」です。

仰向けに寝て、膝を90度に立てる

→肩・腰・膝が一直線になるように、床から持ち上げる

→姿勢をキープし、ゆっくり下ろす

この時、少し足を開き気味にし、膝と膝が近づかないように意識することと、お尻を締めるように意識を集中することが重要です。

また、股関節外旋をメインとしたトレーニングとして、

横向きに寝て、膝は90°股関節は45°に曲げる

→股関節だけを使って上側の膝を垂直方向にゆっくり上げる

→一番上でキープし、ゆっくり下げる    

このトレーニングを行うことにより、股関節外旋に重要な筋群を効果的に鍛えることができますので、ぜひ実践してみてください。

【ストレッチ】

内側へ向いている股関節を外側へ向きやすくするためには、内側へ向かせようとする筋肉を緩めてあげる必要があります。

また、反り腰による骨盤前傾も股関節が内側へ向いてしまう大きな要因となるため、その部分もストレッチしてあげることが重要です。

代表的なものとして、

・大腿筋膜張筋

・中殿筋前方繊維

・小殿筋

・腸腰筋

があります。

これらをストレッチすることにより、姿勢を正しいものへと導き、また先程紹介したトレーニングの効果をよりアップすることができますので、是非トライしてください。

【まとめ】

内股O脚は、他のパターンより比較的改善しやすいと言われますが、これには整体による施術プラスご自身での努力が不可欠です。

紹介したトレーニング・ストレッチを日々の生活の中で取り入れ、また原因となる癖をやめる意識をしていくことが重要です。

O脚についてお悩みの方、まずは当院にご相談ください!

あなたのO脚の状態にに合った施術・改善方法を提供致します!