ブログ

年末年始の営業について

いつも銀座整体院をご利用いただきありがとうございます。

年末年始の営業についてお知らせ致します。

                                                     

誠に勝手ながら、12月29日(日)~1月3日(金)はお休みさせていただきます。

また、1月4日(土)は12:00からの営業となります。

                                                     

ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

                                                               銀座整体院 スタッフ一同

絶食の秋(もう冬)

こんにちは

暇な時は年末田舎に帰って何を食べるかばかり考えている、地元大好き人間、田代です

(ラーメン三食、もつ鍋、地元のおいしいちゃんぽんは絶対食べる)

さて、

食事が人間生活の中で一番大事と考えている田代ですが、

こと絶食に関しては、いい面もあるがリスクが大きすぎるのではないかという見解でしたが

この度、絶食にチャレンジしてみることにしました

理由としましては、自分がやったこともないことを人にお話しするのはいかがなものかと思い続けていたのと、

最近読んだ書籍が素晴らしく、自分で体感してみたいという思いが強くなってきたからです!!!

最近は週2でラーメンを食べていて、お酒もそれなりに飲む生活にもなっていたので

一般的に絶食の目的であるとされている内臓を休息させてみようと思います

しかしながらやはり、断食にはリスクが大きいのは間違いないことだと思っていて

実行には細心の注意を払わなければなりません

その中でもしっかりとした準備期を設けることが大切です

そこで僕は一般的には最低でも三日といわれているので今回は四日間とることにしました!

ここでの食事についてはまた別の機会にお話ししますね

また、断食は一回目で成功させるのは非常に難しい(体調不良に陥ることが多く、完走できない)

ので、無理をしすぎずリタイヤも頭に入れながらチャレンジしていきます

初めてのことなので自分の体にどんな反応が現れるか非常に楽しみです

ここでの体験はまた皆さんに共有したいと思うので皆さんも楽しみにしててくださいね

それでは頑張ってきます

田代でした

嗚呼、愛しき・・・

こんにちは、井出です!

このところ、急激に寒くなって参りましたね(-_-;)

こんなときに欠かせない、愛しき必須アイテムといえば!!!

そう、こたつやホットカーペットなどの暖房器具ですね(^o^)

何を隠そう、僕は幼少時代はこたつ、今はホットカーペット+温風暖房機という神のような組み合わせで、危うく人間であることを忘れてしまいそうになりながら生活しております(TдT)

さて、これら冬には欠かせないアイテムですが、共通することといえば・・・

「床座り」ですね!

この床座り、ご経験された方も多いかと思いますが、長時間していると体の至るところに痛みや違和感を生じますよね(汗

いろんな座り方がありますが、どの座り方をしても腰や股関節、膝関節に負担がかかってきます。

その姿勢によっては背中も丸まってしまい、猫背を誘発するものもありますね(・・;)

よく言われるのが「椅子に座ったほうがいい姿勢をキープできて、体にはいい!」という話ですが、でもあの器具たちの温もりを得られるなら・・・ちょっと位痛くったって床に座って、我慢して温もりに包まれたいっ!!と思いますよね(*´ω`*)

・・・無理はやめましょう(汗

ではどうすればよいか?

体は「座ること」を主体に作られていませんので、どんな姿勢で床座りしても椅子に座っても、長時間同じ姿勢で座ることは非常に負荷がかかります。

ですので、同じ姿勢を取り続けないように座る姿勢を変える、または頻繁に立って動くことをお勧めします!

どうしても長時間座っていなければならない場合は、骨盤を立てるように意識して座ったり、座椅子や壁に寄り掛かるようにし、腰の部分にタオルを丸めて入れ、正しい姿勢をキープするよう心がけるように座ってみてください。

それだけでも体にかかる負荷は上手に分散され、イヤな痛みに襲われることは少なくなってきますよ(^o^)

体を上手に使って、痛みなく温もり全開!快適な冬を過ごしましょう(●´ω`●)

井出

「温活」のすすめ*その③

こんにちは、丸尾です (^^)/

   

今回も先週に引き続き、「頭寒足熱」の温活方法。

ふくらはぎと、太もも(お尻)の温め方と効果を紹介していきます♪

まず、ふくらはぎは「第2の心臓」といわれるように

下半身の血液を巡らせる為の重要な部位です。

その第2の心臓のポンプ役の一つが足首の動きになるんですが。

特に階段の上がり下がりが、最も効率的にふくらはぎの血流を良くするようです。

そして、もちろん歩くだけでも効果はあります。

踵から着地して、つま先で地面をしっかり蹴るように歩きましょう。

その際、足に合った靴を履くのが肝心です。

サンダル履きではすり足になる為、足首もふくらはぎの筋肉も動かないので

意味がありません。また、高いヒールはつま先から着地する歩き方になる為

足首の動きが小さく、こちらも効果が薄くなります。

デスクワークをしている時も、足首を動かしたり

足の指を開いたり閉じたりしてみてください。

そんな小さな動きでも、ふくらはぎが確実に温かくなってきます。

外から温める方法としては、ふくらはぎに使い捨てカイロを貼ったり

サポーターやレッグウォーマーで、温めるのも有効です。

こうして、ふくらはぎを温めると、全身の血流改善を始め

高血圧・腰痛・ひざ痛・肩こり・不眠・頻尿・乾燥肌・むくみの改善になり

代謝もアップして、いい事尽くめです。

   

では次に、太もも(お尻)を温めましょう。

こちらも、ふくらはぎ同様、使い捨てカイロを貼ると便利です。

貼る場所は太ももの付け根(そけい部)に当たるよう

太ももの外側(左右対象)に貼りましょう。

また座っている時には、湯たんぽがおすすめです。

全身の筋肉の70〜80%は、膝からお尻にかけてついているので

太ももとお尻は冷え撃退の最強の加熱ポイントといえます。

太ももは筋肉の4分の3が前面に集中しているので、全面を温めるだけで

足先までポカポカ温まってきます。

お尻はイスの背もたれとお尻の間に湯たんぽを挟んでください。

余裕があれば、おなかも温めると内臓の働きが良くなります。

温め方は、太もも→おなか→お尻というように、湯たんぽを移動させ

繰り返し温めていくと良いようです。

効果は免疫力アップを始め、低体温・腰痛・膝痛・坐骨神経痛・首肩こり

不眠・便秘・下痢・アトピーと色々な症状の改善(軽減)します。

こうしてみると、冷えは万病の元ということがよく分かりますね。

   

さて、「頭寒足熱」温活のすすめの2回目、いかがでしたか。

ぜひこの機会に、脚を温める習慣を一つでも作ってみてください。

また、使い捨てカイロを貼る際には、低温火傷をしないように

必ず肌着の上から貼り、就寝時にははがしてくださいね。

   

最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/

ノロウイルスについて

こんにちは鈴木です!

   

先週はインフルエンザのことを書いたのですが

今週は同じこの季節に流行りだすノロウイルス(別名急性胃腸炎)

について書いていこうかと思います!

僕も以前かかってしまったのですがこの感染症本当に辛かったです

常にお腹痛いし上からも下からも出てくるのでもう二度とかかりたくない病気ですね

ノロウイルスの特徴は...

・感染力が高い  ・何度も発症する

・アルコール消毒や熱に抵抗力がある

ノロウイルスは11月から流行が始まり、12月〜2月がピークになりますが

一年中かかる病気でしかも、通常のウイルスでは1度かかったらその病気には

抗体ができしばらくはかからないのですが、

ノロウイルスでは長期免疫が成立しないため1度かかっても何度も発症します。

僕が以前発症した時は家族全員に感染したので感染力の高さも頷けます。

次に主な症状は

・下痢 ・腹痛

・発熱 ・嘔吐 ・吐き気

発熱は37〜38度と軽度で、大人では吐き気や腹部膨満感が強く

発症後が1〜2日程度で症状は改善します。

下痢は通常2〜3回程で収まるのですが重症な方だと十数回も行ってしまうそうです。

吐いてしまうことも多いので、子供や高齢者では脱水症状になる可能性もあります。

下痢が凄く下痢止めを使用する方がいるかもしれませんが

それはウイルスを体外に出すことを妨げてしまい、

回復が遅くなってしまうので極力使用してはいけません。

ノロウイルの感染経路には主に二種類があります。

ウイルスに汚染された二枚貝(牡蠣など)を食べることで感染する経口感染があります。

下痢や吐物によって手が汚染されその手で触ったところが

汚染されさらにそこを他の人が触ることによって人から人に感染する接触感染がある。

対策するには手洗いが大切!

ノロウイルスには現在有効なワクチンが存在しないため

自分で対策するしかありません。

大切なのは石鹸を用いた手洗いです。

特に、食事前・トイレに行った後・外から帰った後には手洗いが欠かせません。

石鹸自体にはノロウイルスを殺菌する能力は無いのですが

ウイルスを手から剥がれやすくし水で洗い流すことができます。

手を拭く際は他の人と同じタオルで拭くのではなくペーパータオルを使いましょう。

もし身近で感染者が出た場合に消毒液を使いましょう!

ですがノロウイルスは色々な消毒液に耐性があると言われており

確実に消毒するには次亜塩素酸ナトリウムなどの強力な消毒液が必要になります。

しかし塩素系の消毒液は金属を腐食する作用があるため

10分程たってから水拭きで十分に拭き取ってください。

消毒する場所は、トイレの便座と蓋、ドアノブ、

水道の蛇口、手すり、などをやるといいです。

   

皆さんしっかり対策してかからないよう注意してくださいね!

以上鈴木でした!

 
お気軽にお問い合わせ下さい カイロマッサージテーブル
O脚矯正ガイド 客室乗務員対策ガイド

■適応症
肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・骨盤矯正・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■良くご来店頂く住まいのお客様
⇒詳しくはこちら