ブログ

腸内環境が良いとはどういう状態を指すのか

こんにちは。

スーパーから食品が消え、早急に田舎のおばあちゃんにSOSを出した銀座整体院の田代です。(毎回米を30キロくらい送ってくれるよ。)

さて、

昨日は腸の役割について話しましたが、 今日は腸内環境がいいってどういう状態? ということについてお話します。

腸内環境がいい状態とは 超簡単に説明すると善玉菌が多く悪玉菌が少ない状態です。

では、悪玉菌はどうやったら増えてしまうのか。

・加熱食をよく食べる

・食べてすぐ寝る 慢性的な睡眠不足

・食事量が多すぎる(過食)

・動物性食品、低繊維食の摂りすぎ

・白砂糖を使った菓子類の摂りすぎ

・化学調味料の長期にわたる摂取

・酸化した油脂 トランス脂肪酸の摂取

・アルコール類の摂りすぎと喫煙 ストレス

これらは消化不良の原因となり結果、悪玉菌を増やします。

つまり、減らすためにはこの逆を行えばいいということです!

次に、善玉菌を増やす。

これについては色々言われていますよね!

ヨーグルトなどに含まれる「生きた」乳酸菌を摂ろう!だとか

乳酸菌の餌となるオリゴ糖や排泄をほどこす食物繊維を摂ろう! などなど

これらはもちろん良いのですが、 最近の研究では「生きたま届く」が合言葉だったのが実は、「死んでいてもいい」のだそう!

死菌であっても、生菌と同等以上の整腸効果、感染防御、抗腫瘍効果、高血圧抑制効果などがあることが明らかになりました!

つまり、火を通していても効果は絶大であるということ!

発酵食品の代表である、納豆、味噌、キムチなどを調理法に限らず、積極的にとっていこう! というのが結論(^^)

善玉菌→発酵食品の摂取

悪玉菌→消化不良を起こさないようにして減らす

これを意識して、あなたも腸内環境を整えよう!

次のブログは体にとっても大事な酵素について お楽しみに(^O^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.totalbodycare-group.com/mt/mt-tb.cgi/777

コメントする

 
お気軽にお問い合わせ下さい
Total Body Careの使い方
銀座整体院様のスタッフ紹介
技術者の為のカイロ・マッサージテーブルSENSES 浦安駅前整体院の加圧トレーニング
求人募集
アメブロ版はこちら
仕事旅行
整体コース
ブライダルコース
マタニティコース
ビューティーレッグコース
炭酸ミスト美顔コース
 内臓マニピュレーションコース

■適応症
肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■良くご来店頂く住まいのお客様
⇒詳しくはこちら