ブログ

江ノ島に行ってきました!!

こんにちは鈴木です

     

先日江ノ島に行ってきました

もう寒い時期なのでサーファーの方たちはもういないかな―と思っていたのですが

沢山の方がサーフィンを楽しんでいました

僕も以前サーフィンに挑戦したことがあるのですが

波に乗るという事が難しく、一夏で辞めてしまいました

ですが波に上手く乗れた時は凄く楽しかったことを憶えています

また機会があればやりたいと思うのですが中々出来ないのが現状です

江ノ島といえば来年開催されるオリンピックの開場になっていますね

僕が行った時も大々的に宣伝していました

1964年に開催されたオリンピックでも江ノ島はヨットの会場になっていたので

今回で二回目の開場となります。

この競技は第二回の1900年に行われたオリンピックから続いている

とても歴史ある競技なんです

ちなみに2000年開催のシドニー大会でヨットからセーリングに競技名が変更されました

自然環境の中で行われる競技は地の利が大きく働くそうなので

日本人選手には是非メダルを獲得してほしいですね

      

ではまた来週お会いしましょう

以上鈴木でした

ベット・枕が合わない、、、その解決法とは???

こんにちは!田代です

さて、いきなりですがあなたはどんな寝具を使っていますか?

最近患者様とのお話の中で、

枕は高い方がいいの?低い方がいいの? ベットは柔らかい方がいいの?硬い方がいいの?

といった寝具に関する相談をよく受けます

確かに寝具が私たちの体に与える影響は大きいかもしれません。

寝起きで体が痛い、首が痛い

寝具が合わなくて寝付けない、、、、、、

こんな悩みが聞こえてきます

でも少し思い出してみてください

私たちにもそんな悩みなんて無関係でどんな場所でも

すやすや眠れていた時代がありましたよね?

そう、子供時代です

子供のころは畳やフローリングなんかのかたい床でも

窮屈で狭いところなんかでも眠れていましたよね

では一体あの頃と今では何がこんなにも違いを生んでいるのでしょう

ズバリ!答えは【体にかかる負荷を分散させる力=柔軟性】です

子供から大人になるにつれ関節の可動域は狭くなり、筋肉は固くなっていってしまいます

そうなることで硬い、柔らかい、高い、低いなどのストレスを上手く受け流せなくなっていることが

先に述べたような悩みを引き起こしているのです

このように考えると、自分に合った寝具を探すのに時間をかけるよりも

ストレスを受け流せる体を作っていく方が効果的だと感じませんか

もちろんその過程での中で、今の体の状態に合わせてストレスがかかりすぎないように

サポート的に寝姿勢を工夫することは大事だと思いますし、私自身も患者様にアドバイスさせていただいています

しかしやはりいい睡眠を作る根本はいい寝具を探すことではなく、

どんな寝具でもしっかりと睡眠のとれる体作りをしていくことだと考えています。

このように睡眠でお悩みをお持ちの方は是非一度銀座整体院までご相談ください

詳しくお話を聞かせていただき、寄り添い、最善のサポートをいたします

一緒にQOL(生活の質)の向上を目指しましょう

以上、田代でした

ニューフェイス!パート9!

はじめまして!

今年3月から銀座整体院で働いています、井出と申します

出身は生まれも育ちも埼玉県、キャンプと釣りが大好きな2児の父です!

元々は企業に勤めていたのですが、座り仕事メインだったということもあり、慢性的な腰痛に悩まされていました

色々な所へ行き、色々な治療をして頂いたにも関わらず、腰痛は改善されませんでした。

その時、たまたま知人の紹介で知った「カイロプラクティック」に出会い、諦め半分で治療を受けてみました

すると・・・

数年にわたって悩まされ、友達並みのお付き合いだった腰痛とおさらばする事が出来たのです

(すみません、話を盛っているようですが実話です

そこで僕は、痛みから解放されることに喜び?感動?といいますか、とにかく生きるのが楽と強く感じ、

この感動を痛みや症状に苦しんでいる方々に自ら伝えたいと決意し、前職を離れカイロプラクティックの

世界に飛び込みました。

これから様々な事を学びながら、皆様が痛みや症状を解放されるようにお手伝いさせて頂きます!

よろしくお願いします(^O^)

ニューフェイス!パート8!

はじめまして!鈴木といいます

今年の4月から銀座整体院で働いています!

21歳のB型の山羊座運動はテニスをやっていました

 

出身は神奈川県の南にある三浦市です。

ずっと田舎なので出勤するたびに東京は人が多いな~と感じてしまいます

でも最近ようやく人の多さにも慣れてきました!

 

人の多さと言えば、先日ディズニーに行ってきました。

4年ぶりに行くのでアトラクションが増えていたり変わっているものもあって新鮮な気持ちで楽しかったです。

前日の天気予報では、天気が良くなく心配していましたが奇跡的に晴れになってくれました!

ただ、晴れていることもあってアトラクションは長時間待つものもありあまり数多くは乗れませんでしたが

とても楽しい思い出になりました

また行こうかと思います!

 

これから皆さんの体をケア出来るように頑張ってきますので

どうぞよろしくお願いします

以上鈴木でした

Happy Halloween !

こんにちは ☆ 丸尾です。

すっかり肌寒い季節になってきましたが、 皆さま、風邪などひいてませんか?

10月31日と言えば「ハロウィン」ですね。

あちらこちらに可愛いお化けのディスプレイが飾られて

なんだか楽しい気持ちになります♪

今回はこの「ハロウィン」の歴史を調べてみたので、紹介します。

4761CE55-8DEF-40BA-A694-D651F76CDF0E.jpeg 時は2000年前の古代ヨーロ

ッパ (アイルランド)。

原住民のケルト人の風習が

ルーツとされています。

古代ケルト人は10月31日に

あたる日を1年の終わり

と考え、その日は現世と

霊界の間の門が開いて

死者の魂や精霊、魔女などが

地上をさまようと信じていました。

人々はこれらから身を守る為に仮面を被り、1年の収穫を感謝するとともに

魔除けの焚火を焚いていたと言われています。

ハロウィンの仮装は、魔物に似た装いをすることで彼らの仲間と思わせ

身を守るためのものだったようです。

7世紀頃、キリスト教では11月1日を万聖節(すべての聖人と殉教者を記念する日)

と定め、この万聖節の前夜祭と古代ケルトの伝統行事が結びついたのが

「ハロウィン」の起源と考えられています。

「Halloween」という言葉は、「万聖節の前夜」を表す「All Hallow's Even」

が短縮されて定着したものです。

「ハロウィン」のイメージカラーはオレンジと黒ですが

オレンジは収穫、黒は闇を表わしています。

カボチャのお化けでもある「ジャック・オー・ランタン」は、もともとは

カボチャではなくカブが使われていました。

ではなぜ、カボチャになったのかというと、移民とともにハロウィン文化が

伝わった米国で、カボチャの生産量が多かったからと言われています。

ジャック・オー・ランタンのジャックはアイルランドの伝説の人物

飲んだくれの鍛冶屋(農夫説もある)の名前で

生前の悪事により天国にも地獄にも行けず、さまようジャックが持つ

提灯に由来するようです。

さて、ここまで「ハロウィン」の歴史を簡単ですが紹介しましたが、いかがでしたか?

異文化を理解しつつ、上手に取り入れて、生活を豊かにできたら素敵ですよね♪

では、最高まで読んでいただき、ありがとうございました。Happy Halloween !

<<前のページへ 1234567891011
 
お気軽にお問い合わせ下さい
Total Body Careの使い方
銀座整体院様のスタッフ紹介
技術者の為のカイロ・マッサージテーブルSENSES 浦安駅前整体院の加圧トレーニング
求人募集
アメブロ版はこちら
仕事旅行
整体コース
ブライダルコース
マタニティコース
ビューティーレッグコース
炭酸ミスト美顔コース
 内臓マニピュレーションコース

■適応症
肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■良くご来店頂く住まいのお客様
⇒詳しくはこちら