ブログ

温活のすすめ*その②

こんにちは、丸尾です(^^)/

   

今週も「温活」をテーマにお話ししていきます♪

さて、前回でも少し触れた 、頭寒足熱(ずかんそくねつ)ですが。

皆さま、この言葉をご存知でしょうか?

18世紀のオランダの名医も「頭を冷やし、脚を温かくし、体を窮屈にするな。

そうすれば、おまえは全ての医者をあざ笑うことができるだろう」

という名言を残しています。

このことからも古今東西、頭寒足熱は健康の基本であることが分かります。

それでは今回、足を温める「天然素材の靴下の重ね履き」と

「アキレス腱の蒸しタオル温浴」を紹介します♪

   

* 天然素材の靴下の重ね履き

①まずは絹の5本指を履く。  ②毛((または綿)の5本指を重ねる。

③絹の先丸(指先が分かれてないもの)を履く。  ④毛(または綿)の先丸を重ねる。

というように最低4枚は履き、自身の冷えに合わせて数を重ねます。

ところで、なぜ天然素材の靴下なのかというと。

足裏から出る汗や湿気が、より排出(吸収)されるからなんだそうです。

ちなみに、足裏は汗腺が発達していて、一日コップ一杯くらいの汗が出ます。

靴下が湿っぽくなり冷たく感じたら、こまめに取り替えて

いつも足元を温かくするよう心がけましょう。

ちなみに一番外側だけは化繊の靴下でも良いようです。

   

*アキレス腱の蒸しタオル温浴

入浴、足湯で温めることはもちろん。

蒸しタオルや、カイロを貼ってアキレス腱を温めることも

腰痛、更年期障害、関節痛の改善に効果があります。

蒸しタオルで温めるときは、うつ伏せになりリラックスした状態で

踵からアキレス腱にかけて包むようにタオルを置きます。

(10分で1セット。状態の悪い時は2セット)

そして重要なポイントは、蒸しタオルで温めている

アキレス腱に意識を集中させ、脳にも温めの効果を意識させることが

大切なんだそうです。

   

さて今回は、二つの温活方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

「冷えの自覚はないけど、体調が優れない」という方には特におすすめです。

天然素材の靴下が無いという方は、手持ちの靴下の重ね履きからでも

まず始めてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました \(^^)/

インフルエンザの予防

こんにちは鈴木です!

    

とうとうこの時期が来ましたね、、、そうインフルエンザの季節が

僕の周りでも予防接種に行く人がちらほらと出てきました。

毎年僕も予防接種した方がいいかなーと思うんですけど

結局しないで終わってしまいます

予防接種接種はの効果は...

・発生率の低下

・重症化率の低下

の2つ効果があると言われています!

インフルエンザの主な症状は...

・発熱    ・頭痛    ・全身倦怠感   

・筋肉痛   ・関節痛   ・咳  ・鼻水

などが主な症状!

インフルエンザにかからないためにはしっかりとした予防が大切になってきます!

その主な方法は...

・手洗い  ・顔を触らない  ・マスク着用

・予防接種 ・軽い運動

などが重要!!!

「あれ?うがいは?」と思う人もいるかもしれませんが

最近の研究でインフルエンザウイルスにはうがいは

あまり効果がないことが発表されました。(僕も知りませんでした)

インフルエンザは飛沫感染接触感染というのがあり

色々なところを触る手にはウイルスがたくさんついています。

なのでしっかりとした手洗いが重要になのです。

そして顔を触らないですがこれも先ほどと同じ理由で細菌だらけの手で触ると

インフルエンザに感染する可能性があります。

マスク着用も大事なのですが一般的なガーゼマスクでは

ウイルスの方がマスクの目より小さいので完全に防ぐことができません。

ですがウイルスよりも目が細かい不織布マスクというのを着用するのがオススメです

ただガーゼマスクも効果はあるので着用することに意味があります!

ウォーキングするなどの軽い運動をすることによって

免疫機能が正常に働きウイルスに負けない体になります

ですがあまり激しい運動をするとかえって免疫力が

下がってしまうので注意が必要です。

実際にフルマラソン後風邪にかかる確率が2〜6倍になるという研究結果もあります。

ですが1番の予防法はやはり予防接種になります。

予防接種してから抗体ができるまでに2週間ほどかかるので

早めにすることが重要です!

(効果期間は約5ヶ月)

皆さんもしっかり予防してインフルエンザにかからないようにしましょう!

      

以上鈴木でした!

最も大切なもの

こんにちは。

福岡ではラーメンといえば豚骨以外思い浮かばないくらい当たり前なのに、東京に出てきてからというもの、見当たるラーメンは醤油やら家系やらで戸惑いを隠せない田代です。

(最近おいしい豚骨ラーメンを見つけてテンション上がっている。)

 

さて、

あなたも学生の時に少なからず三大栄養素について授業で学習したのではないでしょうか?

炭水化物 タンパク質 脂質 のことですね

そしてその中で最も意識して取るべきは

タンパク質

タンパク質は英語で「protein」ですが、これはギリシャ語の「proteus」(最も大切なもの)が語源になっているといわれています。

 

ではなぜたんぱく質は大切なのでしょうか?

ここで酵素がカギになってきます

皆さんも一度は聞いたことがありますよね?

私たちの体の中では多くの化学反応が起きています。

簡単に言うと酵素があることで化学反応が簡単に起きるようになっているのです

その酵素を作っている一番大切な物質がタンパク質になります

また、ヘモグロビンや神経伝達物質、ホルモンなどもたんぱく質によって作られています!

ということは、タンパク質が不足すると酵素が作られなくなり、体内のあらゆる機能が低下し、筋力低下や体調不良を引き起こすのです

 

タンパク質の一日の必要量はどれくらいでしょうか?

激しくトレーニングを行い、筋肥大を目指すトレーニーの場合

一日に体重×2~2.3gほどが必要とされています。

一般の人の場合は

一日に体重×1.0以上が必要とされています!

こう言われてもなかなかピンときませんとね

例えを上げるとすると卵一個に含まれるたんぱく質は

おおよそ6gほどです

体重分とるとなると意外と大変なのが想像できると思います

 

そこでたんぱく質を多く含む食材を紹介します

1 卵

2 お肉(鶏肉は脂肪も少なくヘルシー、牛肉は筋肉に良いクレアチンが豊富でトレーニーにもってこい、豚肉はビタミンも豊富)

3 タラ 

4 ホタテ

5 プロテイン

などなど

これらを積極的にとることをお勧めします!!

(食品を入力するだけで栄養成分を表示してくれるアプリもあるのでそれを使うと便利!!)

 

特にプロテイン

さすがに最近はプロテインに対する知識がだんだん広まってきていますが、それでもなお、未だに

プロテインを筋肉増強剤か何かと勘違いしている方が少なからずいるのも事実

違いますからね!最初に説明した通りただたんぱく質を英語にしただけですから!!

プロテインの何が優れているかというと、もちろん牛肉や豚肉もたんぱく質が豊富なことに変わりはないのですが

これらは同時に多くの脂質も含みます

そこで便利なのがプロテイン

プロテインはタンパク質含有量が85%以上のものがほとんどで(ホエイプロテイン)、余計な脂質や糖質が極めて少なく、手軽に効率よくタンパク質を補給することがるのです

プロテイン=マッチョの飲み物

という認識が強くあるかもしれませんが、あなたの体にもいいこと尽くしなんですよ

プロテインに限らず今日紹介してきたたんぱく質、ぜひ意識して取るようにしてください

カラダにとってもっとの必要なもの、その効果を感じられると思います

以上、田代でした

食欲の秋!part1

こんにちは!

実は無類のアルコール好き、井出です!

秋といえば「食欲」!

そして、食事とは切っても切れないものといえばただひとつ!

そう、お酒しかないですね(笑)

これから忘年会・新年会などのイベントが目白押し!という方も多いのではないでしょうか(^^)

そこで今回は「失敗しない飲酒法」を皆さまとおさらいしていきたいと思います!

(ご存知の方は多いかもしれませんが、完全に僕の備忘録となってしまう事をお許しくださいm(__)m)

1.準備編!

まず、空腹での飲酒スタートは、大変な事態を招きます(+o+)

空腹状態でアルコールを摂取すると、胃で急激にアルコールが吸収され、血中アルコール濃度が跳ね上がります。

結果、肝臓でアルコールを代謝しきれず、全身を巡り酔いが回るという現象を引き起こすんですね。

こりゃいかん!ということで、まずは飲み会が始まる前に準備をしましょう(^O^)/

なんと、当日の戦いは昼食から始まっているのです!!

昼食には「なるべく消化の遅いものを食べる」と効果があると言われていますね。

例えば、脂肪分を多く含む食事を摂取しておくことにより消化に時間がかかるため、飲み会が始まっても胃に食べた物が残っており、アルコールの直接攻撃を防ぐことが期待できます!

(過剰摂取は肝機能低下につながり、体内で脂肪として蓄えられるのでお気を付け下さい(汗)

もし、昼食での準備ができなかった~!という方は、戦いが始まる前に「乳製品を摂取」しましょう!

これも上記と同様、胃に脂肪の膜を作り、アルコールの吸収を邪魔する効果が期待できます!

これら準備を怠らず、いざ戦いに参戦しましょう(@^^)/~~~

2.飲酒編!

いざ飲み会が始まりました!!

ここは気持ちの良いスタートダッシュをグビグビっと決めて行きたいですね(^O^)/

ですが、ここでも油断は禁物です!

美味しいお酒を飲み始めると、ついついスイッチオンしてしまい、「おかわり~!」のオンパレードとなってしまいますよね(汗

おかわりのお酒を待っている間に、「水」を飲みましょう!

適量は飲んだお酒の量と同等かそれ以上と言われていますので、出来るだけお水を飲むように心がけましょう!!

そして、飲兵衛(=僕)にありがちなのが「お酒があれば食事なんていらん!」という完全飲酒モード突入パターンですが、これは危険です(+o+)

準備編の内容と同じですが、空腹での飲酒はNGですし、準備したバリアも早々に限界を迎えます。

なので、飲酒時は必ずおつまみや食事を摂りましょう!

(野菜を摂ると、水分と両方摂取出来て一石二鳥です。)

では次回、「3.帰路編!」「4.翌日編!」をお届けします!!

井出

「温活」のすすめ

こんにちは 、 丸尾です (^^)/

早いもので11月も半ばになり、朝晩すっかり寒くなってきましたね。

皆さま、冷え対策は万全でしょうか?

「体を温めると健康に良い」という事は既に知られていますが。

今回はさらに詳しく「体の冷え」の現状と、基礎体温を上げる「温活」方法と効果を

数回に分けて紹介していきます♪

まず現代社会では、冷え性を訴える人が年々増加していて

女性の半数~7割、男性でも1割近くが冷えを自覚しています。

というのも、50年前の平熱は36.5~37.2度だったのに対し

現代では35.5~36.3度と、実に1~2度も下がっているのだそうです。

それは運動不足による筋力低下、仕事や人間関係のストレス

さらにエアコンの普及で自ら体温を調節する機能が弱くなってしまい

平熱が下がったからと言われています。

ちなみに、理想の平熱は36.5度~37度。新陳代謝が活発になり

心と体が快調にまわる体温だそうです。

では、体温が下がると、体にどのような変化が起こると思いますか?

たとえば血管はぎゅっと収縮するため、血の流れが悪くなります。

全身の血流が滞ると、必要な成分が体の末端まで届かなかったり

不要な老廃物が回収されにくくなるのです。

さらに、体温が1度下がるだけで免疫力が約30%

代謝が約12%も落ちることが分かっています。

免疫力が下がれば体はさまざまなウイルスの影響を受けやすくなり

病気のリスクが高まります。

また、代謝が落ちると、肥満やむくみ、便秘、肌荒れにもつながります。

こういった"体温低下=冷え"による不調は、どこかの臓器が病気になっている

訳ではありません。

検査をしてもなかなか原因が見つからないため、自分で気を付ける必要があるのです。

さらに、体温が高い人でも「冷え」と無関係と安心はできません。

というのも、上半身と足元では、6度前後も温度差があるんです。

実際に全身をサーモグラフィー(皮膚の温度を測定する装置)で見てみると

心臓を中心に37度前後ある上半身に対し、下半身は下へいくにしたがって低くなり

足元は31度以下に冷えてるそうです。

ということで、下半身を温かく上半身を涼しく「頭寒足熱」の

バランス良い状態にすることが、「温活」の大切なポイントになりそうですね。

次回からは体の部位別に、具体的な「温活」方法と効果を紹介します♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました \(^^)/

<<前のページへ 1234567891011
 
お気軽にお問い合わせ下さい
Total Body Careの使い方
銀座整体院様のスタッフ紹介
技術者の為のカイロ・マッサージテーブルSENSES 浦安駅前整体院の加圧トレーニング
求人募集
アメブロ版はこちら
仕事旅行
整体コース
ブライダルコース
マタニティコース
ビューティーレッグコース
炭酸ミスト美顔コース
 内臓マニピュレーションコース

■適応症
肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■良くご来店頂く住まいのお客様
⇒詳しくはこちら