ブログ

温活のすすめ*その②

こんにちは、丸尾です(^^)/

   

今週も「温活」をテーマにお話ししていきます♪

さて、前回でも少し触れた 、頭寒足熱(ずかんそくねつ)ですが。

皆さま、この言葉をご存知でしょうか?

18世紀のオランダの名医も「頭を冷やし、脚を温かくし、体を窮屈にするな。

そうすれば、おまえは全ての医者をあざ笑うことができるだろう」

という名言を残しています。

このことからも古今東西、頭寒足熱は健康の基本であることが分かります。

それでは今回、足を温める「天然素材の靴下の重ね履き」と

「アキレス腱の蒸しタオル温浴」を紹介します♪

   

* 天然素材の靴下の重ね履き

①まずは絹の5本指を履く。  ②毛((または綿)の5本指を重ねる。

③絹の先丸(指先が分かれてないもの)を履く。  ④毛(または綿)の先丸を重ねる。

というように最低4枚は履き、自身の冷えに合わせて数を重ねます。

ところで、なぜ天然素材の靴下なのかというと。

足裏から出る汗や湿気が、より排出(吸収)されるからなんだそうです。

ちなみに、足裏は汗腺が発達していて、一日コップ一杯くらいの汗が出ます。

靴下が湿っぽくなり冷たく感じたら、こまめに取り替えて

いつも足元を温かくするよう心がけましょう。

ちなみに一番外側だけは化繊の靴下でも良いようです。

   

*アキレス腱の蒸しタオル温浴

入浴、足湯で温めることはもちろん。

蒸しタオルや、カイロを貼ってアキレス腱を温めることも

腰痛、更年期障害、関節痛の改善に効果があります。

蒸しタオルで温めるときは、うつ伏せになりリラックスした状態で

踵からアキレス腱にかけて包むようにタオルを置きます。

(10分で1セット。状態の悪い時は2セット)

そして重要なポイントは、蒸しタオルで温めている

アキレス腱に意識を集中させ、脳にも温めの効果を意識させることが

大切なんだそうです。

   

さて今回は、二つの温活方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

「冷えの自覚はないけど、体調が優れない」という方には特におすすめです。

天然素材の靴下が無いという方は、手持ちの靴下の重ね履きからでも

まず始めてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました \(^^)/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.totalbodycare-group.com/mt/mt-tb.cgi/723

コメントする

 
お気軽にお問い合わせ下さい
Total Body Careの使い方
銀座整体院様のスタッフ紹介
技術者の為のカイロ・マッサージテーブルSENSES 浦安駅前整体院の加圧トレーニング
求人募集
アメブロ版はこちら
仕事旅行
整体コース
ブライダルコース
マタニティコース
ビューティーレッグコース
炭酸ミスト美顔コース
 内臓マニピュレーションコース

■適応症
肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■良くご来店頂く住まいのお客様
⇒詳しくはこちら